こんにちは、タカハシです。

 

今回は

 

「マズローの欲求5段階説」

 

こちらについてお話していきますね。

 

では、早速動画をどうぞ。

↓  ↓  ↓

 

マインドマップ

 

マズローの欲求5段階説 解説図

 

ビジネスをやっていく上でターゲットを

絞る必要が出て来ます。

このターゲットを絞るのにマズローの欲求5段階説が

役に立ちますのでぜひ覚えておきましょう。

 

生理的欲求

 

食べたい・寝たい・SEXしたいなどの本能的な欲求です。

 

1番質が悪い欲求になります。

 

ここを満たされる事により次の欲求に行きます。

 

クレーマー気質な人なども多いのでターゲットとしてはあまり向いていません。

 

安全欲求

 

自分の健康や住むための家などにあたります。

 

生きていくために命が脅かされるのを本能的に回避するので

ここが満たされてなければ次の段階へはいけません。

 

ターゲット層にしても少し弱いですね。

 

社会的欲求

 

仲間・集団・コミュニティなど

集団の中に属していたいという欲求です。

 

多分ネットビジネスをやりたいと思っている方達の

ほとんどのかたはここら辺に当たると思います。

 

ご飯も食べれなくて、お金も生活もギリギリで命の危険があるかたは

ネット環境は無いと思いますので(笑)

 

ここの属性の方達であれば基本的にはまともな方々です。

 

あとは、本気でやる姿勢があるかどうかの問題だけですので

教える側(指導者)の力量になります。

 

ただし、何を言っても聞かないような方や

素直になれない方は力量の問題とは別になりますので

そういう方はなかなか結果を出すのは難しくなります。

 

そして、詐欺だとか嘘つき呼ばわりして来ます(笑)
いわゆるアンチタイプですね。

 

対処法もありますがここでは省略します。

 

尊厳欲求(承認欲求)

 

こちらは、誰かに認められたいという欲求になります。

 

自分の功績や何かを達成した時に

周りの人に認めてもらえたり賞賛をしてもらいたいと思います。

 

評価するのは自分ではなく相手がいるという事なので

まずは自分を知ってもらう必要があります。

 

ネットビジネスでは、自分のメディアやコミュニティとかですね。

 

まず、自分が情報発信をしていく上では

最低でもここのステージにいないといけません。

 

このステージにいる事により自分のお客様に価値を提供していく事により

感謝されるのと同時に結果も出してもらえる事により

認められていきますし評価もされます。

 

感謝もできないような方は人間としても問題がありますので

そういう方はカゲで何かを言っていたりとかもするので

あまり関わらない方がいいと思いますね。

 

ここまで、しっかり出来る方こそ次のステージへ進めますよ。

 

自己実現欲求

 

ここまでくれば、あとは自分の夢や目標を叶える欲求になります。

〇〇になりたい、こういう生活を送っていきたいなどですね。

 

これが実現することができれば、他の方よりも

すごく楽な生活もできて幸せを感じることができるはずです。

豊かな人生を送れるのですね。

 

僕は、ネットビジネスもやりつつ

美容師という仕事を楽しくてやっています。

 

お店も自分で持てて、他の方よりも楽しく

毎日を送っているので、僕はここのステージにいると思っています。

 

しかし、これからはもっと上を目指していこうと思っていますので

日々作業をして稼ぎを増やして周りの関わった人たちを

幸せにしてあげようと本気で考えています。

 

5段階説なのですが、この上に6段階があるという事がわかっています。

 

自己超越欲求

 

これは、何の見返りも求めずに人のために

生きていくというような欲求です。

 

自分の人生での生きていく価値のミッションを好きなように決めていき

周りの人に感謝される人生ってスゴくイイですよね。

 

ぼくも、早くここのステージに上がれるようになりたいものです。

 

目標は後7年以内と決めていますが

周りの協力などもあれば早く達成もできるかもしれません。

 

そのために自分をもっともっと磨いていき

ステージをあげたいと思っています。

 

この5段階説を知る事でターゲット層を自分で決めることによって

質の高いお客様を集めていきお互いに成長していくようにやっていく事が

自分も周りも幸せになるものだと考えています。

 

ターゲット層を考えてビジネスに取り組みましょう。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

では、今回はこの辺で。

 

あなたの人生が大きく変わり

幸せになるお手伝いを

少しでもできたならうれしいと思います。

 

もし、この記事がタメになったと思っていただいたら

下のボタンをクリックしてもらえたら幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ