こんにちは、タカハシです。

 

前回まで2回にわけて

「観察・分析・信頼・誘導」

について書きました。

 

かなり具体的な話もしていたので

ビジネスや恋愛などにも役に立つはずです。

 

今回は「駆け引き」について具体的にお話してみます。

 

———————————————–

 

ビジネスでも恋愛でも駆け引きが付きものです。

 

商談の場合は特に大切になるので

相手との駆け引きがうまくいかないと

成績や業績に大きく影響がでるものです。

 

ここで、何個か駆け引きのお話をしましょう。

 

商談の時に1人で行く場合と

2人で行く場合などその時によりますね。

今回は2人で行く場合のお話をしてみます。

 

商談の相手先に行く場合やどこかで待ち合わせする時

自分のパートナーを選ぶ時は美人を選ぶといいでしょう。

 

これは、「後光効果」というものです。

 

人は見た目で判断してしまう動物です。

美男美女がパートナーになっているだけで

仕事ができそうという錯覚におちいる。

 

後光の意味は仏様の後ろにある光の筋のことであり

仕事ができるように輝いて見えこのような効果があるのである。

 

人よりも優れているところが、1つや2つあると

「この人はできる人間」

と思ってしまうのです。

 

見た目で言えばメガネを掛けているだけで

頭良さそうに見えますよね?

 

このアイテム1つあるだけでも後光効果が発揮されるのです。

で、この後光効果は一緒にいる相手にも

効果を発揮してくれるのですね。

 

商談で自分をできる相手と思わせるには

美男美女の部下を連れて行くといいでしょう。

 

アイテムも上手く活用して商談を成功に導きましょう。

 

恋愛でもこの効果が発揮できます。

例えば、男性であればナンパをしたい時に

自分の顔に自信があるならいいのだが

もし自信がないのなら自分よりカッコイイ相手を

一緒に連れて行くといいでしょう。

「逆効果になるだろ」

と思ってしまうでしょうが違います。

 

よく、合コンで女の子が引き立て役で

自分より劣っている女の子を連れて行くと

より可愛く見せられると聞いたことないですか?

 

男もそうかというとそうとも限らないのですよ。

 

自分がもし連れてきた男よりも

劣っていると思っても成功率は高くなるのは

もちろんのことながら上記の

後光効果により行動を共にしている

相手の方も気になるという方に向いていく効果もあるのです。

 

そこで大事なのがコミュニケーション。

 

このスキルを習得しておけば相手の後光効果も利用して

女の子を口説ける可能性が高くなります。

ぼくは仕事を1人でやっているので

残念ながらこの効果は利用できないです。

 

ナンパもしないので縁があまりありません(笑)

 

以前に目線の話をしましたが

目を合わせないといけないと話しました。

 

しかし、商談で優位に立つには目線を

最初にそらしてしまう方が優位に立ててしまいます。

「にらみつけると、相手はひれ伏す」

と思っている方、それは大間違いです。

 

目線をそらしたやつは弱いとか

思いがちですが間違っていて

逆に自信がある人はあえて目線をそらして

相手の目をうかがわないのですね。

 

変な話ですが

「こんな交渉ごときで自分は動じない」

このように胸を張っていてもいいのですね。

 

実際は初対面の時に目線を長く見ているのは

立場が下の人間というデータが有るのです。

 

その理由の1つとしては相手に対しての礼儀です。

 

これは以前に話したものですが

目を合わせないと話を聞いていないとか

興味がないと思われないようにということです。

 

もう一つが不安の表れです。

相手の目から気持ちを伺おうと

一生懸命目線を合わせてしまうのだ。

 

逆に言うと相手が目線をそらさなけれ

こちらに興味を持っていて緊張もしている

ということになるのですねぇ。

 

相手が目を合わせてきたら

あえてそらしてあげるといいです。

 

そうすると相手の心理は

「あれ、何か間違ってるかな?」

「もしかしてあまり話伝わらなかったかな?」

「何か気に触ること言っただろうか?」

などと勝手に思ってくれてこちらが優位に立ててしまいます。

 

恋愛でも効果はありますよ。

初デートで相手の目線をわざとそらすのです。

特に女性の恋をしている目線はとてもすごいですよね?

 

興味がありますよっていうアピールが半端ないです。

そんなことない人もいるかもしれませんが

女性はホルモンの関係でとてもわかり易い反応をみせてしまいます。

 

この時に男性は上記のように目線をそらしてしまえば

「私に興味がなくなったのかな?」

「楽しくないのかな?」

と思ってしまうため、より関心を強く表現してくるのですねぇ。

 

「恋愛は惚れ込んだほうが負けです」

 

男性でも女性でも惚れ込んでないという素振りを

見せて自分が優位に立ちましょう。

 

女性も上記のホルモン全開に出さないで

すこしそっけないくらいの態度を見せれば立場が逆転するでしょう。

 

あれ?今回はいつもより多く恋愛versionになりましたかね(笑)

たまにはいいでしょうかね。

 

他にも駆け引きのお話はたくさんありますが

長くなるので今回はこの辺で。

 

今回は僕の仕事との関連が少なかったですが

次回は

「自分のペースに引き込む方法」

このお話をしていきますね。

 

いつも長い文章を読んでいただきありがとうございます。

 

お疲れ様でした。

 

あなたの人生が大きく変わり

幸せになるお手伝いを

少しでもできたならうれしく思います。

 

もし、この記事がタメになったと思っていただいたら

下のボタンをクリックしてもらえたら幸いです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ